Phantom Pain~幻痛~

造型、ホビー関連がメインの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『HOUSE OF M』

最近、まったくと言っていいほど更新していなかったので、1から再スタートをする事に。

再スタート1回目はアメトイの「HOUSE OF M ギフトパック」の紹介で。
まだ絶版では無いのですが中々姿を拝めない一品のH.O.Mですが、久しぶりの再販で入手できましたがぁ、やはりアメリカ本土でも人気は沸騰している様で前回よりも10$以上も高くなっているそうですよ。

さて前置きは此処までにしておきレビューでも。

「HOUSE OF M①」
「HOUSE OF M②」
「HOUSE OF M③」
H.O.Mギフトパックで一番のお気に入りモノ、「アイアンマン」です。
今までの路線とは全くの別物になったデザインで、意見は賛否両論有りますが、個人的にはアイアンマン系のデザインでは一番好きであります。
まぁ、このアイアンマンのせいで転売の対象になり中々普通に買えなくなっている原因なんですけどねぇ(笑)
別の機会にでも自分が持っている他のアイアンマンの事も書きたいと思います。
「HOUSE OF M④」
「HOUSE OF M⑤」
「HOUSE OF M⑥」
H.O.M版の「ハルク」です。
このハルクも今までのイメージとは別モノになっております。
全身タトゥーにスキンヘッドで格好良すぎますよっ!
可動も半端なく、このセットで一番の可動を誇りますので色々なポーズを取らせる事が可能ですが腰のスプリングギミックは邪魔だと思いますよ(笑)
「HOUSE OF M⑦」
「HOUSE OF M⑧」
「HOUSE OF M⑨」
「ザ・シング」と「インヒュウーマントーチ」です。
特にシングは造形的にも文句は無いのですがぁ、間接の少なさのせいでハルクより数段落ちてしまい残念なデキに、、、、、。
アメリカでは人気が高いキャラなのですから、ハルクなみに扱ってあげれば良いのになぁ。
トーチは残念っていうか、本当にオマケ扱いですねぇ(笑)
炎の表現造形は難しいのは解りますよ、自分も造形してて苦労しますからぁ(泣)、でももう少し頑張れなかったのだろうかぁ?コストの都合?

とにかく、このセットはお勧めですので、機会が有れば入手して遊んでみて下さい。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュア - ジャンル:趣味・実用

アメトイ | トラックバック:0 |

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。