Phantom Pain~幻痛~

造型、ホビー関連がメインの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『IRON MAN2』

映画
社長を観てきましたよ!

ネタバレになるのでかいつまんでの感想でも。

前半戦の目玉のウィップラッシュ(旧型)戦は敵の可動時間とエネルギーロスの問題でMARK Vが辛うじて勝利、携帯型スーツは強度に問題有ってこの戦闘でボロボロだったけど装着シーンが格好良すぎ。

中盤戦は社長の親へのコンプレックスと死への恐怖の克服をする為の展開で、社長(MARK IV)と軍人(MARK II)の殴り合いは最高だし(笑)

後半戦の社長VSウォーマシーン+ドローン(無人機)の戦闘は燃えまくりですよ!、あっさり乗っ取られるウォーって(笑)
ドローンは陸戦、海戦、空戦、特殊とバリエーションが有りすぎだって、、、怖いけどトイの発売が待ちどおしいですよ!
それに有人機のドローン隊長機ウィップ専用機(新型)は鬼強なんだけど社長とローディの友情タッグパワーの前にあっさり敗北、敗れても社長を葬ろうとした自爆システムも最高。

それと今回は次回作への伏線が多かったですねぇ。
マーベル作品ファンならニヤリとする事ばかりですよ!!
企画進行中の映画「アベンジャーズ」への伏線があちこちに散りばめられてるのは観ててすぐにわかりますしぃ、まぁその為のブラック・ウィドーやニックの活躍なんですけどねぇ。
制作中の映画、キャプテンアメリカのキャプテンの武装のシールドが造りかけ状態が社長のラボから出てきたり(扱いが酷かったがw)、EDロールが終わった後の数分の時間で展開される、これまた制作中の映画「ソー」の武装ハンマーが謎のクレーター内に突き刺さってたりねぇ。

実際、同じマーベル作品の映画ハルクの新しい方の作品には社長がハルクをアベンジャーズの仲間にスカウトしに来たシーンで終わってる訳ですし。
もちろんアイアンマンの次回作の為の伏線も用意されていたのでこの2が成功すれば問題なく使われるでしょうし。

とにかく今回の作品はアイアンマンファンだけでなくマーベルファンの為の作品と言っても過言では無い良いデキの映画でしたと自分は思うよ!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『アベンジャーズ』 | HOME | 『残り一週間ぐらい?』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。